迷惑メール対策はメッセージルールかフィルタで対処

メールのトラブルで一番よくあるのが迷惑メール繋がりのトラブルで、たくさんの人々が困っています。
ほとんどのメールソフトで、迷惑メールトラブルを避けるための対策がなされているので、まずはじめにそれらを確認しましょう。

Outlook Expressを導入しているのでしたら、メッセージルールという機能を活用して対処することが可能です。

迷惑メールのうち、アドレスあるいは件名が常に一緒のものが送信されてくるタイプがありますが、これはメッセージルールを適用させることでメールをチェックせずに済みます。
フォルダータブの中かツールメニューには「メッセージルール」機能が用意されているため、これを使って対策を取りましょう。

メッセージルールを使うと、○○のときには○○をするという条件を決めることができ、一例として「メッセージの件名に特定の言葉が含まれていればサーバーから抹消する」と決めることも可能なのです。
これ以外に、「差出人に○○が入っている場合はサーバーから消し去る」と定めることもできますので、名前や件名が常に一緒の迷惑メールを受信しているというときは、こうした手法でセキュリティ対策を講じることができます。

「サーバーから削除する」と事前に決めておくことで、メールソフトに届く以前に消されるため、迷惑メールに困らされることも減ることでしょう。

設定する項目として「次の文字があるときには~」といったものも使えますので、アドレスを「○○1@」や「○○2@」などといった少しずつ変更してくる迷惑メールを削除したいときにも、○○の文字のところを禁止文字に決めておくと、楽に処理することが可能です。

コメントは受け付けていません。