サーバー側のメールトラブルは一見、気づきにくい

メールを受信したにもかかわらず、これを知らないままでいてしまうというメールトラブルもあります。

このようなトラブルは単に自分の不注意によるものですが、Outlook Expressの場合開けていないメールだけを表示させることもできるため、ときどきはこの機能を使うと良いでしょう。

表示メニューに設けられている「開封済みのメッセージを表示しない」をチョイスすると、未開封になっているメッセージが列挙されます。
受け手に過失があってメールトラブルが生じてしまうこととして、メールボックスの空きがなく受け取れなくなったといったトラブルも頻度が高くなっています。

そうした状況になると、送信した側にエラーメールが送られ、もういちど送ってもらわなければならないことになるため、これを避けるために、サーバーに大量のメールを残さないようにすることをおすすめします。

Outlook Expressであれば、デフォルトの設定では自動的にサーバーのメールを抹消するようになっています。
けれども、複数のパソコンで受信しようとして設定を変えたりした場合には、メールサーバーから削除されないままになっています。

違った設定にするためには、プロパティにある詳細設定タブの「サーバーにメッセージのコピーを置く」という設定にある「サーバーから削除する」を選択しておきましょう。

削除は○日後に行うといった感じで設定が行えますので、即刻なくなるという話ではありません。
メールトラブルごとに対処するやり方はあるものですが、用いているメールのソフトやサービスが違えば対策方法も変わってきますので、確認しながら進めましょう。

コメントは受け付けていません。