Outlook Expressでの迷惑メール対策は?

Outlook Expressといったメールソフトにおいて迷惑メールを排除するやり方にメッセージルールといった機能を使うことができますが、こうしたものを利用した場合でも迷惑メールの危険性がゼロになったのではないのです。

頻繁に見られるトラブルとして挙げられるのが、受け取った迷惑メールのアドレスにメールを送った後からたくさんのメールが送られてくるようになってしまったというトラブルです。

中には「配信を希望されない人はこのアドレスにメールを返してください」といった文面が載っていることがあるのですが、ちゃんとした企業から送信されたメールでないなら、誘導されないようにしなくてはいけません。

迷惑メールは現在使われているかどうかわからないアドレスにもばら撒かれているのですが、返答することによりこのアドレスを登録している人が存在するということをアピールすることになってしまいます。

受信したメールは通常相手にしないことが大切ですが、メッセージルールにおいては「○○であるときにはゴミ箱に移動」という設定もできますので、うまく利用してみましょう。

また、メールソフトに用意されている機能でドメインや送信者のアドレスを迷惑メールと決めて、それ以降は何の操作もしなくても勝手に迷惑メールのフォルダーに分別される機能もあります。

極力トラブルに遭わないためにも、多くの人が出入りする掲示板サイトなどに書き込みするのであれば、サブアドレスを準備しておくのが望ましいでしょう。

インターネットの掲示板サイトなどに書き込みを行うにあたり、自分のアドレスを記してしまえば、自動でいろいろなサイトに書かれているアドレスを収集するソフトに奪われてしまう恐れもあるのです。

コメントは受け付けていません。