太陽光発電@補助金制度ナビ

仕組みを教えて!

言葉はよく耳にする太陽光発電ですが、原理や仕組みってどうなっているの?って思いますよね。

専門家ではないので科学的な詳しい説明はできませんが、一般家庭で屋根に取り付ける太陽光電池は半導体でできていて太陽光があたることによりプラスとマイナスの電子に分かれます。

太陽電池の中はマイナスが集まるN半導体とプラスが集まるP半導体に分かれていてこれをつなぐ事によって電気が発生します。

小学校の頃に、誰でも一度は理科の授業でやりましたよね?
乾電池に線をつないで電球をつける実験。

単純にいえば太陽光発電の原理と仕組みはそれと同じようなものです。ただ電池といっても蓄電できるわけではないので発電した電気を貯めておいて後で使うことは出来ません。

それじゃあ、余った電気は無駄になってしまうのでしょうか?

太陽光発電の仕組みにおいて消費者にとって嬉しい点は、余剰電力を電力会社が買い取ってくれる事です。

しかも、オール電化住宅なら昼間の高い電気を自家発電でまかない、余った電気を高値で買い取ってもらえば、深夜の時間帯の安い電気を買ったとしてもうまく使えばお得になりますよね。

太陽光は誰でも平等にまた無償で与えられるエネルギーですから、これを使って発電できる太陽光発電の仕組みは本当によくできたシステムではないでしょうか。

地球温暖化や環境汚染などたくさんの問題を抱える現状において、最も安全でリスクの少ないエネルギーである太陽光。ますます注目を集める事間違いなしです。