太陽光発電@補助金制度ナビ

シェアについて

毎日のように世界の環境問題がニュースになる今日この頃、先進国に住む私たちにとっては多くの課題を突きつけられる問題です。

最も環境に優しいエネルギーとして企業にも一般家庭にも注目されている太陽光発電。たくさんの企業が開発・研究をしていますが、太陽光発電のシェアはどれくらいなのでしょうか?

大手として知られているのはシャープ・京セラ・三洋・三菱の4社です。この4社で国内の太陽電池のシェアの90%を占めています。中でもシャープは世界のシャープとして、世界的にも最大の太陽光電池のシェアを誇っています。

宇宙開発にも関わるなど、今やその技術力は日本人でなくとも知られていますよね。誰もが一度は耳にしたことのある有名な会社ですよね。

ありがたいことに、日本の企業は優秀で誠実なので、どこのメーカーを選んでもかなりの水準の製品を提供してくれる事は間違いありません。

それぞれのメーカーによって太陽光発電の価格・発電量・保障など特徴がありメリット・デメリットがありますので、導入を考える際は、最低でも大手4社のカタログや資料を集め考察する事がお勧めです。

このシステム事態が高い買い物になりますのでしっかり調べて納得する事が大切なのですが、有名メーカーの製品を扱っていても中には法外な悪徳業者も存在しますので、信頼できる業者を選ぶことも必須条件です。