太陽光発電@補助金制度ナビ

耐用年数はどれくらい?

太陽光発電の耐用年数はこのシステムを家に導入するにあたっては最も重要な問題ではないでしょうか?

かなり高額な買い物になることは間違いありません。それだけにすぐに故障して使えなくなったのでは泣くに泣けないですよね。

最も効率の良い使い方であるオール電化と組み合わせようと思うと、両方の導入で300万位は必要になります。失敗は許されないので慎重になってしまいますよね。

今の日本の太陽電池の性能は高く一度設置してしまえばほとんどメンテナンスの必要なく使用することが出来ます。一般的に太陽光発電の耐用年数は30年位だといわれていますが、中には40年以上使用している例もあります。これからもますます技術が向上していくことを考えれば、さらに長くなる可能性はあるかもしれません。

太陽光発電の耐用年数は長いのでしょうか?短いのでしょうか?
誰しも気になるのが、元は取れるのかと言う点ですよね。

環境に貢献できる発電システムと言っても損はしたくないものですよね。一番相性のよいオール電化と組み合わせた場合、発電量や光熱費削減などで相殺できるのが、おおよそ15年から18年くらいです。

ですから純粋な利益として考えれば残りの15年くらいです。太陽光発電はつけて直ぐ結果が出るものではなく、かなり長い目で見る事が必要です。

損得だけではない利点もたくさんありますが、選ぶときはこの期間も頭に入れておかなくてはなりません。