太陽光発電@補助金制度ナビ

太陽光発電のメリット・デメリットは?

最近話題の太陽光発電ですが、メリットとデメリットはどうなのでしょうか?

太陽光発電のメリットとして一番に思いつくのは、環境に優しい事ですよね。太陽光を原料とするのですから、有害な物質は一切出ません。それにガスや石油のように将来的に見てもエネルギーの元となる物質がなくなってしまう心配もないですよね。

太陽光発電を導入する最大のメリットは、光熱費の削減ではないでしょうか?

オール電化と組み合わせれば光熱費は80%削減できると言う説もあります。また余った電気は電力会社に売ることができるので昼間家にいなくてあまり電気を使わないお宅でも損になることはありません。

そして、メンテナンスにあまりお金がかからない事も魅力の一つだといえます。スイッチ部分は電気製品なので故障する事も考えられますが、ソーラー電池が故障する事はほとんどありません。

それでは、太陽光発電のデメリットは何でしょうか?

まず導入に際しかかる費用が高い事です。長い目で見れば元は取れると言うものの、年数で言えば15年位はかかりますので利益として考えるのなら難しい点があります。

天候に左右されるエネルギーであるため安定した供給は望めません。また季節や地域によって発電できる電気量も差が出てきます。

太陽光発電に限らずメリット・デメリットはどんな事柄にもありますが、両方をよく理解したうえで決断したいものです。