太陽光発電@補助金制度ナビ

これからの課題は何だろう?

太陽光発電が環境にいい発電システムであることは誰もが認めています。

しかし実際に自分の家に導入するかどうかとなると迷ってしまいますよね。
これからの太陽光発電の課題は何でしょう?

まず第一に、ハードルになるのが費用の問題ではないでしょうか?このシステムを設置するにあたっては、規模によっても違うものの、おおよそ200万は必要です。現状のままでもエネルギー供給が出来ない訳ではなく、生活には支障がないだけに金額の大きさはネックになります。簡単にできる買い物ではありません。

もっと手に入れやすい価格になれば導入する家庭は飛躍的に増える可能性は大いにありますよね。

次に、太陽光発電の課題と言うと、効率の問題です。
日本の太陽電池の技術はとても進歩していますが、購入者が期待するのは自分たちにどれだけの利益があるかですよね。実際に太陽光発電だけで光熱費を0にするのは難しいです。

今は、ある程度環境に大きな関心と責任を感じていなければ、受け入れるのは難しいかもしれません。高い買い物であるだけに、機能に対しての期待も大きくなってしまうのも仕方のないことではないでしょうか?

自家発電で光熱費0が実現すれば、万人に注目される事になるのではないでしょうか?

自分たちのエネルギーは、自分たちで作る自給自足の課題に太陽光発電は見事に答えてくれています。

今後ますます技術が向上していけば、ほとんどが太陽光発電になることも遠い未来ではないかもしれません。