太陽光発電@補助金制度ナビ

温度で変わる?発電効率

太陽光発電の発電量は夏の方が大きいと思いますよね?

夏は太陽がぎらぎらだし、暑いですから。ところが太陽光発電の発電量の効率は実は真夏が最も悪いんです!

「えー?何で?」って聞きたくなりますよね。

太陽光発電の発電量の効率は温度に左右されるらしいのです。太陽電池の温度が上昇すると効率が悪くなります。だから、温度の高い夏はロスが多く出てしまうそうです。しかしながら結果的には他の季節に比べれば夏の方が圧倒的に日照時間が長いので出来る電気の量としては多くなります。

三洋の太陽光電池は、最も温度の影響を受けにくく、年間を通じて安定した発電を期待できます。発電量を重要視されるならお勧めです。

理屈を言えば、太陽電池を冷やせば夏の温度の影響を防ぐ事が出来るのですが、真夏に道路に水打ちをしても涼しいのは少しの間だけで、またすぐに暑くなってしまいますよね。

また屋根の上についているものなので、簡単に冷やせるものでもないですよね。知らなければ、太陽光発電の発電量の効率など、気になることもないですが、せっかくの晴天続きの夏にもっと売電できるはずの電気をロスしてるとすれば仕方がないとはいえ、残念な気持ちになってきますよね。

太陽光による自家発電は生活に必要なエネルギーを賄う理想的な形ですが、調べれば、まだまだ改良すべき点はありそうです。

ますますの技術の進歩を期待しています。