太陽光発電とは?

自然の恵みである太陽光を利用して電気を作るシステムが太陽光発電です。 太陽電池を屋根の上に設置する事によって電気を作る自家発電システムです。最近ではCMを目にしたり、実際に設置しているお宅を見かけることも多くなってきましたよね。 石油やガスのようになくなる心配もなく、また原子力のような危険もない最も安全で環境に優しいエネルギーの作り方ともいえるのではないでしょうか? そして、太陽光発電のシス

続きを読む

仕組みを教えて!

言葉はよく耳にする太陽光発電ですが、原理や仕組みってどうなっているの?って思いますよね。 専門家ではないので科学的な詳しい説明はできませんが、一般家庭で屋根に取り付ける太陽光電池は半導体でできていて太陽光があたることによりプラスとマイナスの電子に分かれます。 太陽電池の中はマイナスが集まるN半導体とプラスが集まるP半導体に分かれていてこれをつなぐ事によって電気が発生します。 小学

続きを読む

シェアについて

毎日のように世界の環境問題がニュースになる今日この頃、先進国に住む私たちにとっては多くの課題を突きつけられる問題です。 最も環境に優しいエネルギーとして企業にも一般家庭にも注目されている太陽光発電。たくさんの企業が開発・研究をしていますが、太陽光発電のシェアはどれくらいなのでしょうか? 大手として知られているのはシャープ・京セラ・三洋・三菱の4社です。この4社で国内の太陽電池のシェアの

続きを読む

太陽光発電のメリット・デメリットは?

最近話題の太陽光発電ですが、メリットとデメリットはどうなのでしょうか? 太陽光発電のメリットとして一番に思いつくのは、環境に優しい事ですよね。太陽光を原料とするのですから、有害な物質は一切出ません。それにガスや石油のように将来的に見てもエネルギーの元となる物質がなくなってしまう心配もないですよね。 太陽光発電を導入する最大のメリットは、光熱費の削減ではないでしょうか? オール電化

続きを読む

温度で変わる?発電効率

太陽光発電の発電量は夏の方が大きいと思いますよね? 夏は太陽がぎらぎらだし、暑いですから。ところが太陽光発電の発電量の効率は実は真夏が最も悪いんです! 「えー?何で?」って聞きたくなりますよね。 太陽光発電の発電量の効率は温度に左右されるらしいのです。太陽電池の温度が上昇すると効率が悪くなります。だから、温度の高い夏はロスが多く出てしまうそうです。しかしながら結果的には他の季節に

続きを読む

耐用年数はどれくらい?

太陽光発電の耐用年数はこのシステムを家に導入するにあたっては最も重要な問題ではないでしょうか? かなり高額な買い物になることは間違いありません。それだけにすぐに故障して使えなくなったのでは泣くに泣けないですよね。 最も効率の良い使い方であるオール電化と組み合わせようと思うと、両方の導入で300万位は必要になります。失敗は許されないので慎重になってしまいますよね。 今の日本の太陽電

続きを読む

これからの課題は何だろう?

太陽光発電が環境にいい発電システムであることは誰もが認めています。 しかし実際に自分の家に導入するかどうかとなると迷ってしまいますよね。 これからの太陽光発電の課題は何でしょう? まず第一に、ハードルになるのが費用の問題ではないでしょうか?このシステムを設置するにあたっては、規模によっても違うものの、おおよそ200万は必要です。現状のままでもエネルギー供給が出来ない訳ではなく、生活に

続きを読む