最初のメイク道具は何を揃えるか

メイクの利点:自分の顔をちょっとだけ好きになれる。顔の面皰跡・くすみ・毛穴・ソバカス・ひっかき傷等が隠れる。一歩一歩かわいくなっていくワクワク感。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸を配合している美肌水は保湿力が高いためお肌に優しく、皮ふが乾燥しやすい人に向いています。防腐剤や芳香剤等の余分な成分を加えておらず、肌の敏感な方でも使えるのが特長です。 大方の場合慢性に移行するが

続きを読む

審美歯科が人気です

審美歯科(しんびしか)とは、美に焦点を当てたトータルな歯科医療のひとつ。歯の役目には物を噛み潰すなどの機能面と、表情を明るくみせるなどの審美面があり、両方健康面においては外せない要素であろう。 頬ほっぺたやフェイスラインの弛みは年老いて見られる要因に。お肌のハリや表情筋の硬化がたるみに繋がりますが、加えて毎日の何気ない癖も誘因のひとつです。 皮ふの若さを保つ新陳代謝、つまり皮ふを入れ替えること

続きを読む

ネイルケアは大切なことです

ネイルケアというのは、手足の爪や指先の手入れ全般を指す言葉。ヘルスケア、美容、ファッション、医者による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全など色々な捉え方があり、今やネイルケアはなくてはならないものと言えるだろう。 頭皮のケアはスカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。頭皮は髪の毛の悩みの代表である「抜け毛」「うす毛」にかなり関わると同時に、フ

続きを読む

フェイスラインのたるみが気になる年頃

老けて見えるフェイスラインのたるみは不要な老廃物や脂肪が蓄積することで悪化します。リンパ液が遅れがちになると様々な老廃物が溜まり、むくみが出たり、余分な脂肪が溜まりやすくなり、たるみへと繋がります。 皮膚の奥深くで生まれた肌細胞はちょっとずつお肌の表面へと移動し、しばらくすると皮ふの表面の角質となって、時が来れば自然にはがれ落ちていきます。これらの活動こそがターンオーバーというわけです。 よく

続きを読む

下まぶたに大きなたるみが出た場合

医学界全般がクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を重視する空気に包まれており、製造業を始めとする日本経済の向上と医療市場の急速な巨大化により、美意識に基づいた美容外科(Cosmetic Surgery)はここ2〜3年非常に人気のある医療分野だ。 肌の細胞分裂を助け、肌を再生させる成長ホルモンは昼の活動している途中では分泌されなくて、夕飯を済ませてゆっくりと体を休めくつろいでいる状態で出始めます。

続きを読む

落ちないマスカラのおすすめは

よく女性誌や美容の本には、小顔になる、肌が美しくなる、痩せるし、デトックス作用が期待できる、免疫力の増進などなど、リンパを流してしまえばあれもこれもOK!という華やかな謳い文句が並んでいる。 内臓の健康度を数値で確認できる特別な機械があります。『ノイロメーター』という名前を持った機械で、自律神経の様子を測って、内臓が健康かどうかが分かるという画期的なものです。 メイクアップの欠点:昼にはメイク

続きを読む